紙の辞書と電子辞書について、個人的意見。

 新聞の自由投稿欄を読んでいると、時折浮上する「紙の書籍と、電子書籍、どちらが良いのか?」という争いについて、自分の意見を言わせてもらおうと思います。
 私は、基本的には紙の書籍派です。内容は別に変らないじゃないか、と言われてしまえばそれまでなのですが、私は読書が好き、というよりも、「紙の本」が好きなのかもしれないと思っています。ページをめくる感触や音、印刷物の匂い……そういった雰囲気を楽しんでいるのかもしれない、と考えています。
 しかし、私は英和辞典に限っては電子辞書派です。何故かは分かりませんが、とにかく紙をめくるという動作を煩わしく感じてしまうのです。他の小説や国語辞書では紙の本派ですし、もちろん煩わしいとは思わないので、自分でも不思議なのですが……。
 他の言語の辞書を触ったことが無いのでわかりませんが、もしかしたら、他の言語の辞書でもそう感じるかもしれません。慣れない言語の辞典を使っていると、ページをめくるという動作が煩わしく感じられるのでしょうか?

紙の辞書と電子辞書について、個人的意見。